メニュー
山口しんじブログ
お問合せ
埼玉県蓮田市上1-3-6
TEL:048-764-0616
FAX:048-764-0616

お問い合わせはこちら
応援メッセージ
お知らせメールを
お送りします
山崎努
山口しんじの熱い思い

基盤整備、子育て、教育

私は、ものをつくり表現することに幼少の頃から興味を持ち、大学は建築家をめざし入学しました。大学3年生の頃から身体で表現する演劇に傾倒し、俳優をこころざし現在に至ります。

父が市議会議員を3期12年務め、その後を妻が継いで議員活動をしています。その様な状況もあり、PTAや選挙活動、妻の議員活動のサポート等を通じて広くまちの政治を体感する様になりました。

時代の転換点といわれる今、ほころびが見える組織や制度、しくみは見直して新しい角度、発想でまちづくり、ひとづくりをしなければならないと強く思うようになりました。この先の国のかたちを考える上で避けて通れない人口減少問題、少子高齢化問題、新しい産業形態の確立。私のまちでも人口は横ばいで、高齢化は進み税収は減り、年々予算規模は縮小傾向にあります。

このような状況の中での地方分権、地域主権。権限も財源も移譲されれば益々地方自治体は受け身の自治ではなく能動的な自治、共同体としての自己決定力が求められることになります。これからは「新しい公共」の考えを土台に中期長期を見据えたまちのビジョンをつくり、まちの特性を生かした個性あるまちづくりをしなければならないと思います。

具体的には、蓮田は都心から40Km圏内にあり電車で上野、池袋まで37分、東北道スマートICもできます。この利便性があって自然がたくさん残っている、このミスマッチ感覚を逆手にとり差別化することによって、個性あるまちづくりをめざす「アーバン・ロハス」の発想でまちをブランド化したいと考えています。魅力あるまちにすることで次の世代も定住する持続性のあるまちをめざすというものです。

ひとづくりについては、子どもたちはまちの宝なんだという思いをまち全体で共有し保育園、幼稚園、学校と家庭と地域が一体となった子育てをする。そして市民一人ひとりは生涯学習社会を標榜し自己実現をめざす。魅力あるひとづくりが魅力あるまちづくりに結実する。まちのかたち、方向性をたくさんの市民と共有し内外にアピールする、「自分達のまちは自分達でつくる」そして住んでいる人が安心安全で自信を持って誇れるまち、ふるさとづくりをめざすことが大切だと思います。


世界と議会への特別寄稿~ふるさとまちづくり考

世界と議会

詳細はこちらをクリック

Copyright(C)2010-2011 Yamaguchi Shinji. All right reserved.